マリーナライク

目指すはシンプルビューティ!40代のアイメイク

何もしなくても可愛い20代やオトナの魅力が出始めた30代よりも、女性の魅力が出るのは40代からです。

 

もちろんすっぴんだと心もとない、かと言ってバッチリメイクもやりすぎ?

 

そんな悩みを持つ、40代の女性の方におすすめなのが、シンプルビューティなアイメイクです。

 

アイメイクをちょっと工夫するだけで、ぐんと垢抜けて洗練された印象になります。

 

そこで今回は、シンプルビューティを目指す40代のアイメイクについてまとめました。

 

・アイブロウはカーブをつけず直線で

眉山をきっちりつけたいわゆる女優眉は、ゴージャスで派手な印象に仕上がります。

 

パーティ仕様のメイクの時にはしっくりきますが、普段のメイクにはちょっとやりすぎ感が出てしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、ナチュラルな直線眉。

 

整え過ぎずわざとボサっとした感じを出して、抜け感を作ります。

 

おすすめのアイブロウペンシルは、シュウウエムラのハードフォーミュラ ハード9です。

 

適度な硬さで描きやすく、ナチュラルな風合いを出してくれるペンシルです

 

・アイシャドウは落ち着いたカラーを選ぶ

アイシャドウに、あまりにもたくさんの色を使ってしまうと、それだけでギャルっぽくなってしまう恐れがあります。

 

ここは落ち着いて見える、主張しすぎないカラーのアイシャドウを選びましょう。

 

普段使いにおすすめなのが、ブラウンやベージュ系の色合いです。

 

ブラウンシャドウと言えば人気なのが、ルナソルのアイシャドウですね。

 

ルナソルを始めて使う人には是非、スキンモデリングアイズをおすすめします。

 

ナチュラルなブラウンに細かい粒子のラメが入っていて、簡単にオトナ上品な目元を作ることが出来ます。

 

時間が経ってもくすまず、一日中目元がキラキラして、落ち着いた中にもナチュラルな輝きがあります。

 

付属品で入っている2本のチップを使いこなして、オトナのメイクを楽しみましょう。

 

・アイライナーは出来るだけ細く入れる

いかにも引きました!という太いアイラインは、子供っぽく下品な印象を与えてしまうので要注意です。

 

それよりも、細く繊細に引いたアイライナーなら、ナチュラルな目元を演出できますし上品さも残ります。

 

シンプルビューティを目指すなら、ペンシルタイプのアイライナーが断然おすすめ。

 

色はブラックで、芯は硬すぎず柔らか過ぎないタイプの物を選びましょう。

 

イチオシのペンシルアイライナーは、SHISEIDOのスムージングアイライナーペンシルです。

 

まつ毛の隙間を埋めるようなイメージで、少しずつラインを足して行きましょう。

 

ラインを描いた後は、付属のチップでラインをぼかすのを忘れずに。

 

40代のアイメイク、いかがでしたでしょうか?

 

年齢を重ねたらあくまでもナチュラルに、作り過ぎないシンプルビューティを目指して、アイメイクのレッスン始めましょう。